育成中りんご

 現在、幼木を育てている品種です。


 だいたい、3年ほどかかり商品になる実を付ける様になります。


ルビースイート

 エターズゴールドとふじを掛け合わせたりんごです。

 

 最大の特徴は実の色も赤い事です。

 

 アントシアニンを多く含み、大玉で甘みが強いりんごができるようです。また、加工した際に面白い物が出来るのではと期待されています。

 

 平成26年秋より販売開始したので、直後に1本試し買いしました。

 平成28年春には追加で植えました。


ローズパール

 ふじとピンクパールを掛け合わせたりんごです。

 

 果肉が赤く、皮が黄色いりんごになります。

 

 赤肉系はアントシアニンが多く、酸味もそれほど強くないので生食・加工の両方で使う事が期待される品種です。

 

 2017年より試験導入。


メルシー

 シナノレッドというりんごの種から選抜した品種です。

 

 収穫時期が8月という早生品種です。

 お盆販売用に購入してみました。

 

 2017年より試験導入。


紅の夢

 種子親は紅玉ですが、花粉親は品種名の無い赤肉りんごの花粉のようです。

 

 弘前大学で品種改良した果肉の赤いりんごです。

 

 2017年より試験導入


HFF33

 交配品種は不明。

 名称が英語ですが、弘前大学藤崎農場からHFFになるそうです。

 

 弘前大学により品種登録されたりんごです。

 

 果肉は赤く、皮も赤い、晩生種の品種です。

 

 2017年より試験導入。


HFF60

 交配品種は不明。

 

 果肉が赤く、皮が黄色い、中生種の品種です。

 

 2017年より試験導入。


HFF63

 交配品種は不明。

 

 皮が黄色で、蜜が乗りやすいりんごです。

 晩生種でふじと同じ時期に収穫できます。

 

 2017年より試験導入。