春の仕事

 暖かさも増してきて、仕事のし易い陽気になってきました。

 

 なので、そろそろ春の仕事が始まります。

 

 冬に頼んでいた”りんご”の苗も届いて、これから花が咲くまでに植えて行きます。

 今年仕入れた苗は、”ふじ”と”シナノドルチェ”、さらに”とき”を購入しました。

 

 ”ふじ”は主力生産品種なので、世代交代を進めるために購入します。

 当園の苗は”矮化”という管理しやすいが短命なため、だいたい15年でその役目を終えてしまいます。なので、世代交代を怠るわけにはいかないのです。

 

 ”シナノドルチェ”はここ数年、県内で生産数が増えてきているりんごです。

 秋映よりも早くできる品種になります。

 

 ”とき”は試験的に植えて、土地との相性を見るために購入しました。

 

 これらの苗から、りんごが採れるまでに2~3年の歳月を必要とします。

 さらに、今年一番初めの農薬散布も終えました。

 

 今回の散布した薬の効果は、『腐らん病』等の病気予防です。

 剪定時にも腐らん病予防をして、さらに薬を巻きます。しかし、これでも腐らん病は発生する厄介な病気です。

 

 そして次は、苗植えです。