独活と蕨の話

 我が家にある、ウドとワラビの話です。

 

 ウドは非常に古くからあります。

 私の父(72歳)が物心ついた頃から既にあり、祖母が塩漬けにしたウドをよく食べたそうです。

 ワラビは十数年前、母方の祖父が生きていた時分に、根っこを分けてもらった物です。

 

 根がどんどん広がり、今も広がり続けています。

 

 まだ出ている量は多くないですが、これが来月中はどんどんの生えてきます。

 人間の生きる年月を越えて、春毎にその息吹を与えてくれる。

 その強い生命力を頂いているのだなと実感します。

 

 

 さて、そんなウドもそろそろ終了になりそうです。

 今週には出荷が終了するでしょう。

 

 たくさん買っていただき、ありがとうございます。

 最後に、ワラビノートに書いたアク抜きをりんご豆知識内に記しましたので、ご利用下さい。

祢津の日吉神社裏、歌舞伎舞台付近の桜
祢津の日吉神社裏、歌舞伎舞台付近の桜