人工授粉が終わり、摘花

 怒涛の受粉作業も今年は5月前に終わりました。


 初夏の様な暖かさで、花が次第に散り始め、王林のように開花の早い品種は、もう受粉が終わり、実を形作りはじめてます。


 受粉作業を動画にしてみたので、見てください。

 今月に入り、受粉作業がひと段落したので、摘花作業をしています。


 1塊に5~6個ある花を1つに選別する作業です。

 早い段階で実施すると、実が大きくなりやすいです。


 昨日は『ひと・生きもの・暮らし研究所』さんの企画で、10人以上の皆様が摘花の手伝いをしてもらいました。


 本当は受粉作業の予定だったのですが、この暑さで、次の作業だった摘花作業になってしまいました。


 根気がいる作業だったので、皆さんお疲れと思いますので、ゆっくり休んでください。


 今後、りんごの実がどのように変化するかも、ブログなどであげて行きます。