秋到来?

 久しぶりのブログ更新です。

 

 更新する内容はあったのですが、筆不精なので書かないまま9月に成ってしまいました。


 信州は8月下旬から悪天候が続き、気温が低いままです。


 でも、日が見えると温度は急上昇するので、晴天であればいつもと同じぐらいの気温なのかもしれません。

 

 さて、9月です。


 今月末には『秋映』が収穫になります。


 右写真の様に、次第に赤くなってきました。


 さらに色をよく付けるために、葉摘み作業にそろそろ取り掛かります。


 秋映は赤黒いりんごなので、太陽の光を良く当てて、もっと深い色にします。

 左写真はシナノゴールドです。


 ゴールドとは程遠い、まだ緑色のりんごです。


 シナノゴールドは10月初旬に収穫を始めますので、まだひと月以上先なので、当然と言えば当然です。


 シナノゴールドも秋映の葉摘みが終わり次第、作業に入ります。


 葉摘みをしなくても、色が付きやすい品種と言われて投入しましたが、数年作った

感想としては、やはり葉摘みをしないと、良い色が付かない様です。


 最後の写真は、植えて2年目の『とき』の実です。


 シナノドルチェも少し実を着けたのですが、全て鳥に食べられて、この状態です。


 どんな味になるか、楽しみにしていたのですが、残念です。


 それでも、来年からは実をある程度付けて、少しですが、収穫をし始めます。