寒いのが冬

 節分になりましたが、まだまだ信州は寒いです。

 

 畑にはまだ雪が残っていて、1時間も働くと足が冷たくなります。

 

 ちょっと前までは気候が暖かくなると言われていましたが、今日も寒いですね。

 

 でも、りんごの木にとっては寒い間が休眠期間なので、寒いのは良い事です。

 天候には暖かい期間と寒い期間が交互にやって来ますが、あまりにも暖か過ぎると、春がやって来たと一斉に草木は動きます。

 でも、一気に暖かくなる反動で、一気に寒くなると言う天候の変化は良くあることです。

 こうなると、花芽が死んで、りんごが結実しないという、最悪の障害を生むことになります。

 なので、寒い日は寒く、暑い日は暑いという人間には過酷でも、植物に良い天候が望まれます。

 

 とは言え、人間は寒いですね。

 

 朝9時頃はまだ寒いし、午後3時を過ぎてもまた寒い。

 結局、仕事をするには寒い時間から出て行かないといけませんが、良いりんごが出来てほしいので致し方ありません。

 

 寒い寒いと言いながら、剪定は3月の春分の日までには終わらせる予定です。