初午の日

湯川の岸に集合するダルマ
湯川の岸に集合するダルマ

 昨日は初午の日でした。


 佐久の鼻顔(はなづら)稲荷では、建国の日に初午祭を移動したので、久ぶりの初午の日でのお祭りになりました。


 いつもはダルマなどを焼く、奉焼祭まで見ていかないのですが、今年は動画を作成しようと考え、見ていきました。


 稲荷神社の畔には湯川が流れています。


 ちょうどお稲荷様の社から見える岸にダルマが集められてます。

役目を終え、燃えるダルマたち
役目を終え、燃えるダルマたち

 17時半になると、宮司さんや氏子の皆さんにより、祭礼が執り行われます。


 そして、18時を過ぎると点火。


 勢いよく火が燃え上がり、ダルマやお札達が一年の役目を終えてます。


 最後に花火が上がり、祭りが終わりました。


 お社の眼下で火を高々と燃やし、神様に奉じているのだなと今回気付きました。


 今年も実りの多い年になると良いですね。